IMG_ミネラル水

海洋深層水のミネラルウォーターで便秘を解消


私が海洋深層水というものを知ったのは、いつも購入している化粧品会社から毎月送られてくる、冊子に新商品として掲載されていたものを見たことです。
私の住んでいる地域では、水道水が比較的美味しいので、ミネラルウォーターを購入して飲むと言う習慣があまりないため、その時は記事を読むだけで買おうとまでは思いませんでした。
ところが、もともと便秘体質だったのですが、なんと1週間も便通がこなかったことがあり、自力ではどうしても無理で病院へ行って浣腸してもらうはめになってしまいました。
その時に、そういえば海洋深層水が便秘に効くと書いてあったような気がする、と思い出し試してみようかと思いました。
海洋深層水というのは、太陽が届かない深い海の底にある水なので、栄養がプランクトンに食べられないため、栄養が豊富に含まれています。
特に、マグネシウムやカルシウムをはじめとした、現代人に不足しがちなミネラル分が豊富に含まれていることが、健康効果を発揮するのに一役かっています。
私の悩みだった便秘に関しては、このマグネシウムが入っていることが良いのだそうで、毎日継続して飲むことで便通が良くなったと効果を実感している人が多くいると、インターネットで調べてみると書いてありました。
パッケージの注意書きにも、人によってはおなかがゆるくなることがあると書いてあるし、期待できそうかなと思い飲み続けていると、確かに毎日スムーズに便通がやってくるようになりました。
それまで、ヨーグルトを食べたり、食物繊維を食べたりと努力してきても解消できなかった頑固な便秘が、水を変えただけで解消されるなんて、嬉しいことです。


ただ、一つ問題なのが、私の購入したミネラルウォーターがすごく飲みにくかったことです。
水の味ってそれほど違いがあるとは思ってもいなかったのですが、口の中に入ったとたん口全体から力が抜けそうな妙な口当たりがあるのです。
以前、ダイエットでにがりを水に入れた時に味わった、独特の口当たりがどうにも飲みにくいです。
そういえば、外国産のミネラルウォーターを飲んだ時にも、こんな感じで飲みにくいと感じたことがあったなと思い出しました。
日本人の舌が慣れ親しんでいる水は、軟水が多いのですが、海洋深層水は硬水です。
軟水か硬水の違いは、硬度と言って、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を炭酸カルシウムの量に換算した重量で分けられています。
軟水は、口当たりがまろやかで飲みやすく、吸収性に優れているので体の弱い人にでも負担をかけずに飲むことができます。
硬水は、ミネラル分が豊富ではありますが、胃腸への負担もかけやすいので人によってはお腹がゆるくなることがありますが、健康効果を期待して飲まれることが多い水です。
私にとっても、昔から飲みなれた軟水のほうが飲みやすく、どうしても硬水は苦手な感じになってしまいます。
飲みやすいようにと硬度を抑えて販売されているものもあるようですが、硬度が高いほどマグネシウムが多くて便秘に良いと思えば、飲みにくいけれど飲めないほどではないので、続けていこうかと思っています。
それに、海外の方は日常的に飲まれているものなら、毎日飲み続けていればその美味しさが実感できる時がくるかもしれません。
便秘は、病気の原因になってしまうだけでなく、とても苦しいものなので、これからも海洋深層水のミネラルウォーターを飲み続けて、便秘を撃退したいです。

最近では、好きなミネラルウォーターを毎月業者が持ってきてくれるウォーターサーバーを利用している家庭が多くなってきました。
このウォーターサーバーはいつでも冷水とお湯が使える便利な機械で、定期的に好きなミネラルウォーターを届けてくれるので自分で重たい水を買いに行く手間が省けるのと、毎月かかる費用もお得になります。
海洋深層水やダイエットに効果的な硬水はウォーターサーバーで選ぶことができるので、是非ウォーターサーバーを使って海洋深層水を飲んでみてはいかがですか?

MENU