IMG_ミネラル水

ミネラルウォーター、軟水、硬水


ミネラルウォーターにはいくつかの区分けをできることをご存知の方も多いのではないでしょうか。
まず、大きく2つに分けると軟水と硬水に別れます。
この二つは水の硬度により別れており、その硬度は水分中に含まれているマグネシウム塩の量によって決定されます。
この基準は、WHOにより決められている、塩類の量を炭酸カルシウムに換算したアメリカ硬度を用いています。
0~60のものを軟水、60~120のものを中程度の軟水、あるいは中硬水、120~180のものを硬水、180以上のものを非常な硬水、といった具合に決められています。
一般的には、日本国内で産出されるミネラルウォーターには軟水が多く、欧州で産出されるミネラルウォーターには硬水が多いです。
これらは大地を形成している地殻物質が異なるために現れる違いです。
日本では、水道水で使われる水はほぼ軟水です。
硬度はおよそ80程度のものです。
しかし、一部地域では硬水であることもあります。
関東の一部地域や沖縄本島がそれにあたります。
沖縄ではサンゴが原因で硬水になるのです。
近年では、このミネラルウォーターは多数販売されており、至る所で目にするようになりました。
しかし、その成分に関して特に規定されている、ということはないのです。
どういうことかと言うと、ミネラルウォーターと名前がついているからには、ミネラル分を多く含んだ水だろう、と思いがちです。
しかし、ミネラルウォーターには品質規定がないので、一概にミネラル分を多量に含んだ、とは言いにくい部分も存在する、ということなのです。
おすすめのウォーターサーバーについても参考にご覧ください。


このミネラルウォーターが日常生活にどう関係してくるのでしょうか。
先述した通り、日本では軟水の地域がほとんどです。
これは日本にとって好都合と言えます。
日本にはとても繊細な料理が多く、その繊細な料理を作るのに、硬水では少々都合が悪かったのです。
硬水では味がしっかりしていて、主張が強くなってしまいがちだからです。
まろやかな軟水はコーヒーやお茶にも適しています。
身体にも適しているので、肌荒れにとてもよく、皮膚の細胞を活性化してくれる効果があります。
その他にも、あかぎれ防止や、美白効果もあります。
石鹸の泡立ちもいいので、洗濯をするのにも向いています。
ダイエットにも向いていて、汗や尿などとして、老廃物を体外に出してくれます。
代謝もよくなるため、水はダイエットに向いているのです。
しかし、ダイエットをするとなると、硬水の方が向いているかもしれません。
硬水はミネラル分が豊富で、味もしっかりしているために満腹感を得やすいからです。
ミネラルが豊富であるために、胃腸に刺激を与える効果があるので、便の排泄を促します。
便の排出がよくなるということは、体内に余計な老廃物をとどめておく時間が短くなるので、脂肪分が減りダイエットに繋がります。
そして、水はどちらにせよ、カロリーが0ですし、油分や糖分を気にせずに沢山飲むことも出来ます。
総合的に見ても、ダイエットをするのに水はとても適していると言えるでしょう。
ただ、経験から言えば、運動をこなした時の方がやはり効果は大きかったです。
そして、水を沢山とるのは中々難しい時もあります。 こちらのミネラルウォーター激安通販サイトも参考にご覧になってください。
また、ミネラルウォーターサーバーについての記事も参考に是非ご覧ください。

MENU